きりえ 「れんだん」

 




 交差している手の動きから見ると、この子たちは「ねこふんじゃった」を弾いているのだろうか。
 別のきりえでも書いたが、習いはじめの子は「ねこふんじゃった」を弾きたがる。黒鍵だけのパターンを覚えれば弾けるし、両手が交差しても、邪魔にはならない。面白くて簡単だから意欲がわくのだろう。
 音楽に限らず幼児期の芸術教育は「楽しい」ということが、太く柔らかな横糸でなければならない。
 この子たちはきっとどこかでピアノを習っているのだろう。保育室のピアノで、友だちと楽しんで弾くのは、おさらいとは違って、純粋にあそびである。仲よしと一緒だから楽しい。
 上手に弾かせることにこだわり、上達するという縦糸だけに偏ると、ときに「オレ、できない」「アタシ、下手だから…」と、劣等感を植えつけることになりかねない。どんな課題も、幼児期には遊びの要素と仲間作りの要素を兼ね備えることが望ましい。


トップページ                     きりえ第四部
もどる                         もどる