きりえ 「かごめかごめ」

 




 「かごめ、かごめ、かごの中の鳥は…」と歌うカゴメというのは、鳥のことだと長い間思い込んでいた。平凡社の「世界大百科事典」によると、「屈め(かがめ)」がなまったものだという。目をつむって屈んだ子をかこんで、手をつないで回りながら言葉を唱え、それが終わったとき中心の子が真後ろの子を当てる。「かごめ、かごめ、かごの中の鳥はいついつ出やる…」という唱え言葉は東京周辺のものだそうな。
 年長組の女の子に人気の遊びで、プールの中で水を撥ねながらやっていることもある。 前述の百科事典によると、福島県の海岸地方では「お乗りゃれ地蔵様」と唱えながら回り、中心の子に地蔵様が乗り移ると、いろいろな問に答えると言う。唱えごとは地方によって異なるが、一人に神を降ろしてその託宣をきく神の口寄せの方式であったと考えられるそうな。無邪気な遊びも根っこは深いものがあるようだ。


トップページ                           きりえ・第三部
もどる                                もどる