きりえ どんジャン

 




 二組に分かれ、それぞれの陣地を線で結ぶ。その線の上を走り寄って、どんとぶつかったところでジャンケンをする。勝ったほうは進み、負けた方は線を外れて、次の仲間が急いで陣地を出て、線を走り、ぶつかったところでジャンケンをたたかう。
 この子たちは年長組だろう。勝っても負けても、一瞬に走り出せるように、全神経を集中しているのが足の構えで読み取れる。
 3学期ころになると、年中組(4歳児)も年長組を見習って「どんジャン」をするようになるが、まだジャンケンがやっとの子もいて、勝っても負けてものんびりである。ルールも分かっているようで、まだまだ。でも、ルールのある遊びの面白さは分かりかけてきた。集団遊びは友だち関係を新しい段階へ引き上げる。


トップページ                         きりえ・第三部
もどる                              もどる