きりえ 「君たちの日時計」

 




その2





 こんな日時計は存在しない。これでは時刻をはかることはできない。
 こんな花時計もないだろう。日本の花時計は、普通大きな針が動いている。
 この日時計は、現実のものではない。子どもたちが自然と深く関わり、友だちと感動を共有して遊んでいるとき、日時計は人知れず豊かなときを刻む。子どもたちがひそかに育てているものは、入学のときに役立つ力ではなく、時空を経ていつか生きてくるものに違いない。


トップページ                             きりえ第一部
もどる                                 もどる